【相談無料】東大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

過払い金請求のデメリット(リスク)とは?
過払い金の請求後に失敗したと後悔しないために

説明する弁護士-自己破産を検討する目安

「過払い金返還請求にはどんなデメリットがあるの?」
「お金が戻ってくるのには、なにかウラがあるのでは?」

過払い金返還請求とは、カード会社に払いすぎてしまった利息を法的な手続きによって取り戻すことをいいます。

2010年以前にカード会社からの借り入れを行っている人の場合、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金返還請求のメリットといえばもちろん、払いすぎたお金が戻ってくることですね。

では、手続きをすることによってなにかデメリットはあるのでしょうか?

このページでは、過払い金返還請求手続きをすることによって生じるデメリットについてお伝えします。

過払い金返還請求にはどんなデメリットがある?

過払い金返還請求は、比較的デメリットの少ない手続きです。

そのため、過払い金が発生しているのであれば、手続きをしたほうが得をすることが多いでしょう。

ここでは、その数少ないデメリットについてご紹介します。

<過払い金返還請求の主なデメリット>

  • 過払い金返還請求をしたカード会社(クレジットカード会社・消費者金融)から以後借金ができなくなる
  • 可能性がある

過払い金返還請求をしたカード会社から借金できなくなる

過払い金返還請求をすると、以後請求したカード会社から借金をすることができなくなります。

これは、カード会社に過払い金返還請求をしたという履歴が残り、いわゆる「社内ブラック」状態になるためです。

またこれに伴い、そのカード会社のクレジットカードの使用もできなくなるため、注意が必要です。

とはいえ、これはあくまで社内ブラックであり、ほかのカード会社への影響はありません。

たとえば、A社に対して過払い金返還請求をした場合、以後A社から借金の借り入れを行ったり、A社のクレジットカードを利用したりすることはできませんが、その他のカード会社(B社、C社など)からの借り入れ・カードの利用は可能というわけです。

そのため、過払い金返還請求後は、A社以外のカード会社で借り入れやクレジットカードの作成をすればよいのです。

過払い金返還請求をするカード会社のクレジットカードを利用している場合

現在、過払い金返還請求をするカード会社(以下、A社)のクレジットカードを利用している人は、手続きを行う前に事前準備をしましょう。

たとえば、現在水道光熱費をA社のクレジットカードからの引き落としにしている人は、B社、C社などその他のカード会社のクレジットカードからの引き落としに切り替えるか、コンビニ支払いなど別の支払方法に変更するなどの準備が必要です。

また、現在A社のETCカードを利用している場合には、別のカード会社で新たにETCカードを契約する必要があります。

ブラックリストに載る可能性がある

すでに借金を完済している人が過払い金返還請求を行う分には、ブラックリスト入りする心配はありません。

しかし、現在も借金を返済中のカード会社に対し過払い金返還請求を行うと、場合によっては「ブラックリスト入り」してしまう可能性があります。

ブラックリスト入りとは、個人信用情報に傷がつくことをいい、ブラックリスト入りすると以下のことができなくなります。

<ブラックリスト入りするとできなくなること>

  • 新たな借金
  • クレジットカードの利用・作成
  • ローンの新規契約
  • 携帯電話契約時の本体代金分割払い
  • 親族・知人の借金の連帯保証人になること など

先程、「社内ブラック」についてお話しましたね。

社内ブラックはあくまでその会社内でのブラックリストなので、ほかのカード会社に影響が及ぶことはありません。

しかし、いわゆる「ブラックリスト入り」では、どのカード会社からもクレジットカードの利用・作成、ローンの新規契約などができなくなるため、注意しましょう。

とはいえ、過払い金返還請求によってブラックリスト入りするのは、せいぜい5〜10年程度です。

その後はブラックリストから抹消され、上で述べたことが再びできるようになりますので、ご安心ください。

ブラックリストに載るのはどんなとき?

過払い金返還請求でブラックリスト入りするのは、現在も返済中のカード会社に対して手続きを行う人のうち、過払い金が戻ってきても借金がゼロにならない人です。

現在も借金を返済中のカード会社に対して過払い金返還請求を行うと、借金の元本から過払い金分の金額が差し引かれます。

たとえば、借金の元本が40万円残っている人が60万円分の過払い金の返還に成功した場合、元本の40万円が消え借金がゼロになるうえ、残りの20万円が手元に戻ってきます。

一方、借金の元本が40万円で、30万円分の過払い金の返還に成功した場合、借金の元本は10万円残ることになりますね。

このように、過払い金が戻ってきても借金の元本が残るケースでは、過払い金返還請求と同時に任意整理(利息免除や支払い期間の延長ができる債務整理)が行われることになり、過払い金返還請求が債務整理をしたのと同等に扱われるため、ブラックリスト入りしてしまうのです。

クレジットカードのショッピング枠を利用している人は注意

なお、過払い金返還請求をするカード会社のクレジットカードをショッピングに使用している場合、ショッピング枠の未払い代金も借金と同じ扱いになります。

そのため、過払い金の返還分がショッピング枠の未払い代金を下回る場合、これも借金の元本が残るケースと判断され、ブラックリスト入りしてしまうのです。

過払い金返還請求を行う際は、事前にクレジットカードの利用状況を確認しましょう。

借金完済後の過払い金返還請求にはデメリットはない?

前述の通り、現在借金を返済中のカード会社に対して過払い金返還請求をする場合は、借金の残高によってはブラックリスト入りするというデメリットが挙げられます。

しかし、借金感最後のカード会社に対して過払い金返還請求を行う場合、そのカード会社から借金できなくなること以外に大きなデメリットはありません。

ただし、借金完済後はなるべく早く過払い金返還請求を行わなければ、手続きができなくなってしまうことがあります。これは、過払い金に時効が発生するためです。

時効を迎えると、過払い金がなかったことになり、手続きをしても取り戻すことができなくなるのです。

過払い金の場合、そのカード会社との最終取引(借金の返済や新たな借り入れ)から10年経過すると、時効を迎えたことになります。

そのため、すでに完済している人は、完済から10年以内に過払い金返還請求の手続きをする必要があるのです。

手続き別にみる過払い金返還請求のデメリット

過払い金返還請求は弁護士に依頼して行うことが一般的です。

自力で手続きを行うことも可能といわれていますが、デメリットも多く注意が必要です。

以下では、過払い金返還請求の手続きに関するデメリットをご説明します。

自力で過払い金返還請求をする場合のデメリット

自力で過払い金返還請求をする場合の主なデメリットは以下のとおりです。

<自力で過払い金返還請求をする場合のデメリット>

  • 手続きに時間や手間がかかる
  • 郵送物などから借金をしていることが家族に知られてしまう
  • 取り合ってもらえない・不当な和解案を提示されるなどの扱いを受けることがある など

過払い金返還請求を自力で行う場合、利息の引き直し計算や手続きに必要な書類の作成、カード会社との交渉などをすべて自分で行わなければなりません。

数字や書類が間違っていれば、信用性に欠けるため、交渉に取り合ってもらえなくなることもあるでしょう。

また、手続き中には何度も郵便物でのやり取りが必要となるため、同居中の家族に秘密で手続きをすることは困難といえます。

さらに、一個人の交渉をする場合、カード会社は弁護士と交渉をする場合より安い金額で和解案を提示してくるケースもあります。

そのため、自力で過払い金返還請求を行おうとすると、結果的に時間や労力がかかるうえ、取り戻せる金額が少なくなってしまう可能性があるのです。

弁護士に依頼して過払い金返還請求をする場合のデメリット

では、弁護士に過払い金返還請求を依頼する場合にデメリットはあるのでしょうか?

強いていえば、自力で手続きを行うことよりも費用がかかることが挙げられます。

しかし、過払い金返還請求にかかる依頼費用が、実際に戻ってくる過払い金を上回ることはほとんどありません。

そのため、「弁護士費用を払っても損をすることは無い」といっていいでしょう。

また、最近は着手金なしで、取り戻した過払い金から費用を差し引く弁護士事務所もあるため、より少ない費用で依頼することが可能になってきました。

過払い金返還請求を弁護士に依頼すると、手続のほとんどを弁護士事務所が行うため、あなたが手間や時間を掛ける必要はありません。

また、郵送物もすべて弁護士事務所に届くため、家族に過払い金返還請求がバレる確率は極めて低いです。

さらに、弁護士は交渉のプロとして、カード会社と対等に交渉を進めることができます。

そのため、結果的に少ない労力で多くの過払い金を取り戻せる確率が高いわけです。

過払い金返還請求を検討するときは弁護士に相談

「自分に過払い金があるか知りたい」「少しでも多くの過払い金を取り戻したい」と思ったら、まずは債務整理に詳しい弁護士に相談しましょう。

なかには、過払い金返還請求を検討している人向けに、初回相談を無料で実施している弁護士事務所もあります。

疑問点・不安点があれば、是非相談してみましょう。

まとめ

■過払い金返還請求はデメリットの少ない手続きである

  • 過払い金返還請求をしたカード会社から借金ができなくなる
  • 借金返済中の場合ブラックリストに載る可能性がある

→ブラックリストに載るのは、過払い金返還請求をしても借金元本が残る場合

→ブラックリストに載ると一定期間クレジットカードの利用・作成などができない

■借金完済後の過払い金返還請求には大きなデメリットはない

→ただし、完済から10年経過すると時効で手続きできないことがあるため注意

■手続方法別にみる過払い金返還請求のデメリット

  • 自力で過払い金返還請求をするとさまざまなデメリットがある

→時間や手間がかかる

→郵送物などから借金があることが家族に知られてしまう可能性がある

→そもそも取り合ってもらえない、不当な和解案が提示されることもある

■弁護士に依頼する場合、費用がかかることがデメリットとしてあげられる

→ただし、過払い金として戻ってくる金額のほうが多いため、損をすること無い

→自力で行うよりもメリットが大きいといえる

■過払い金返還請求について不安・疑問があれば弁護士に相談

東大阪市の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

運営:東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

■受付時間:9:00~19:00
■定休日:祝日

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

東大阪布施法律事務所が入っているビル
電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分