【相談無料】東大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

個人再生は家族に秘密でできるのか?

説明する弁護士-個人再生は家族に秘密でできるのか?

「個人再生は家族に秘密でできるの?」
「個人再生が家族にバレない方法はあるの?」

借金をしていることや個人再生をすることを家族に秘密にしておきたいという方は、実際に多いです。

では、個人再生は家族に秘密で行うことは可能なのでしょうか?

また、バレないようにするには何に気を付ければよいのでしょうか?

個人再生を家族に秘密にしたまま進める際に問題になることや、その対応について解説していきます。

同居家族に秘密にするのは難しい

結論から言うと、個人再生をすることを同居している妻や夫・親などに秘密にするのはかなり難しいです。

なぜなら、再生手続きをするには、同居家族の全体の家計収支表や過去2か月分の給与明細が必要になってくるからです。

同居家族全ての家計収支表が必要

個人再生の申立てを行う際には、直前2か月分の家計収支表を提出する必要があります。

生計を一にする家族がいる場合は、全員の収支が必要です。

もともとあなたが細かく家計簿をつけているのなら、バレずに用意できるでしょう。

ですが、例えばあなたの奥さんが家計簿をつけていたり、そもそも光熱費や食費、家賃などにより収支を別々にしていたりした時には、奥さんに事情を説明して協力してもらわなければ、収支表を作るのは困難です。

つまり、個人再生を同居家族に秘密にするには、あなたが家計収支の実権を握っていないと難しいということが言えます。

また、あなたが収支表を用意する場合に、光熱費等の明細書や預金通帳などもきっちりと管理していなければなりません。

過去2か月分の収入証明書が必要

さらに、個人再生を行う際には、同居人に収入がある場合、過去2か月分の収入証明書の提出が求められます。

収入証明書には、給与証明書、源泉徴収票、課税証明書、確定申告書の控えなどが当たります。

基本的には、収入証明書は収入を得ている本人が取得しなければなりません。

代理人が請求する場合には、委任状が必要になってきます。

ですので、家族に秘密にしたいなら、収入証明書の保管場所を把握してこっそり持ち出すか、他の理由でうまく言い訳をして証明書をもらうしかありません。

したがって、同居家族に収入がない、もしくは、給与明細の保管場所を知っていてこっそり持ち出せるという場合には、個人再生を同居家族に秘密にすることができそうです。

郵便物は代理人に全て行くから問題なし

裁判所から再生手続きの書類や郵便物が自宅に届いてしまうと、個人再生をしていることが家族にバレてしまいます。

これを避けることはできるのでしょうか?

この問題は、弁護士などの代理人に依頼すると解決できます。

もし個人再生を自力で行う場合は、裁判所へ自ら出かけて行ったり、裁判所からの通知や郵便物を自宅で受け取ったりしなくてはなりません。

しかし、弁護士に依頼すれば、弁護士があなたの代理人になるので、裁判所からの郵便物は弁護士事務所宛てに届くことになります。

裁判所へ自ら出向く必要もなくなります。

同居家族に秘密で個人再生を進めたいなら、弁護士などの代理人を通して手続きをするのがよいでしょう。

家族の誰かが保証人になっている借金があると必ずバレる

では、同居家族でなくても、家族の誰かがあなたの借金の保証人になっている場合はどうでしょうか?

結論から言うと、あなたが個人再生をすることはすぐにバレてしまいます。

なぜなら、あなたが個人再生を行うと、保証人に支払い義務が移るからです。

個人再生であなたの借金は減額され、残りは免除になりますが、保証人を立てていた場合、その残りの分は保証人が支払うことになります。

住宅ローン特則を利用した場合、減額の対象から住宅ローンだけを外すということはできますが、基本的にはすべての借金が再生手続きの対象となります。

借金の中に一部でも家族が保証人になっているものが含まれていた場合、家族に秘密にすることは不可能であるのです。

家族に秘密で進めたいなら

以上のことをまとめると、個人再生を家族に秘密で進めるためには、

  1. 同居家族がいる場合、あなたが家計収支の実権を握っている。
  2. 同居家族が無収入、または収入がある場合、その給与明細の保管場所が分かっている。
  3. 弁護士などの代理人に依頼する。
  4. 家族の誰かが借金の保証人になっていない。

という4つの条件を揃えることが必要だと言えます。

同居している家族がおらず一人暮らしをしているという場合や、同居家族がいてもその方は無収入であるという場合には、家族にバレずに進めるハードルはぐんと下がるでしょう。

ちなみに、やはり個人再生を同居家族に秘密にするのは難しそう…というあなたには、任意整理をおすすめします。

任意整理だと、家族に秘密で債務整理を進めていける可能性が高いです。

任意整理では、裁判所を通さないため提出書類が少なく、収支表や給与明細などは必要ありません。

また、住宅ローンや家族が保証人になっている借金など、バレるリスクの高い借金を整理の対象から外すことができます。

任意整理では個人再生と違って借金の大幅な減額にはなりませんが、今の収入であれば3~5年で借金を返済できるという方で、家族に借金のことや債務整理について秘密にしたい方には、最も適した方法であると考えられます。

まとめ

  • 同居家族に秘密にして個人再生を行うのは難しい。
  • あなた本人が家計収支の実権を握っており、同居家族が無収入、または収入がある場合、その給与明細の保管場所が分かっているときには、同居家族に秘密にすることは可能。
  • 家族に秘密にするには、弁護士などの代理人に依頼し、家族の誰かが借金の保証人になっていない必要がある。
  • 一人暮らしの方や、同居家族が無収入の方は、家族に秘密にできる可能性が高い。
  • 個人再生ではなく任意整理だと、家族にバレるリスクはぐんと下がる。

東大阪市の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

運営:東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

■受付時間:9:00~19:00
■定休日:祝日

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

東大阪布施法律事務所が入っているビル
電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分