【相談無料】東大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

任意整理をすると今持っている銀行口座に影響は出るのか?

説明する弁護士-任意整理をすると今持っている銀行口座に影響は出るのか?

「任意整理をすると、銀行口座が凍結されるって本当!?」
「銀行口座を凍結されたら、もうお金は引き出せないの?」

任意整理をすると、今持っている自分の銀行口座はどうなるのか、心配な方も多いのではないでしょうか?口座が凍結されたら、預けていたお金はどうなってしまうのでしょうか?

しかし、安心してください。

あなたが銀行カードローンで借金をしている場合でも、その借金を任意整理の対象にしなければ、あなたの銀行口座には全く影響はありません。

逆に、銀行カードローンを任意整理した場合は、あなたの銀行口座は凍結されることになります。

もし口座にお金が残っていれば、カードローンの借金額と相殺され、没収されてしまいます。

では、任意整理をすると銀行口座にはどんな影響があるのか、凍結される場合の事前対策などについて、詳しく解説いていきます。

所有している口座の銀行が任意整理の対象でなければ何も影響はない

銀行からお金を借りているが任意整理の対象にしない場合

所有している口座の銀行から借金をしていても、任意整理の対象に含めなければ、銀行口座は凍結されません。

他社を任意整理した場合、ブラックリスト状態であるということが口座のある銀行にも知られますが、その銀行への返済が滞ってさえいなければ、口座が凍結されることはありません。

口座だけ持っていて、銀行からお金は借りていない場合

銀行口座は持っているが、銀行からお金を借りていないという場合には、もちろん任意整理をしても銀行口座は凍結されません。

口座を任意整理の対象にしない場合と同じであると言えます。

全ての銀行に「任意整理した」ことはバレますが、口座への影響はありません。

同じグループの消費者金融から借りた借金を任意整理する場合

同一グループであっても銀行と消費者金融は別会社ですから、銀行口座は凍結されません。

例えば、三井住友銀行とプロミスはグループ会社です。

プロミスから借りた借金を任意整理する場合でも、三井住友銀行で所有するあなたの口座は凍結されません。

銀行から借金していないのに、銀行が他社の借金と自社の口座にある預金を相殺することはありません。

任意整理の対象にすると口座を凍結される

では、銀行口座が凍結されるのは、具体的にどういった場合なのでしょうか?

銀行からお金を借りていて、任意整理の対象にする場合

所有している口座の銀行からお金を借りており、その借金を任意整理の対象に含めると、銀行口座が凍結される可能性は高いです。

誤解されやすいですが、他の支店の口座であっても、同一名義人の口座は全て凍結されます。

返済に使用しているかどうかは関係ありません。

銀行カードローン以外でも、銀行で組んだ自動車ローンや多目的ローンなどを任意整理の対象に含めるのであれば、銀行口座は凍結されます。

詳しくはローンの規約を確認してみましょう。

口座を凍結された場合の対処法

口座が凍結されると

銀行口座が凍結されると、口座にお金が残っている場合は、カードローンと相殺されて強制的に引き落とされます。

銀行口座の残高は0円になってしまいます。

銀行口座が凍結されている期間は、解除されるまで、その口座が使えなくなります。

具体的に言うと、入金はできますが、出金ができません。

ATMなどでキャッシュカードを入れても、「この口座はお取扱いできません」などと表示されます。

凍結中でも入金はできるので、給与などの振込先口座をそのままにしておくと、困ったことになります。

のちほど、任意整理の前にやっておくべき対策としてまとめていきます。

保証会社による代位弁済が終わるまで凍結される

では、一度凍結された口座は二度と使えないのでしょうか?

そんなことはありません。

保証会社による代位弁済が終わるまで、通常1~2か月ほどで凍結は解除されます。

銀行からの借金には、保証会社がついています。もしあなたが返済できなくなった場合、あなたの借金を保証会社が肩代わりをします。

これを「代位弁済」と言います。

銀行は自分で任意整理の交渉には応じず、代位弁済でお金を受け取った後は、保証会社に丸投げします。

あなたは保証会社に対して借金の返済義務を負うことになるので、任意整理の交渉も保証会社と行います。

これが代位弁済の仕組みです。

一般的には、銀行が保証会社から代位弁済を受けるまで1~2か月かかります。

銀行は代位弁済より前に、まずあなたの口座から預金を引出し、借金と相殺しなければなりません。

そのため、代位弁済が行われる前までは、あなたの口座をロックしておくというわけです。

代位弁済が終わると、銀行は借金を全額返してもらったことになるので、口座の凍結は解除されます。

解除後は、入金も出金も元通りできるようになります。

対策として事前にやっておくこと

銀行からの借金を任意整理する場合は、あらかじめ以下のことをやっておくことをおすすめします。

  • 任意整理の対象とする銀行口座は、全ての残高を引出して、別の口座に移しておく。
  • 給与振込先の口座になっている場合は、職場に頼んで変更しておく。
  • 電気代やガス代などの公共料金の支払いが口座引き落としになっている場合は、コンビニ払いなどに変更しておく。

弁護士や司法書士からの受任通知が、銀行に届くまでにやっておきましょう。

受任通知が届くと、銀行はすぐにあなたの口座を凍結し相殺してしまいます。

その前に預金を引き出して、口座の残高を0円にしておくのがよいでしょう。

事前に振込先口座を変更しておかないと、凍結中に勤務先から給与が振り込まれてしまう場合があります。

するとお金を引き出すことができなくなってしまうので、必ず、給与の振込先口座は変更しておきましょう。

すでに口座が凍結されてしまった!というときには

事前に口座から引き出すのを忘れてしまったという場合は、その口座にある預金は諦めてください。

受任通知が届いた時点で借金と相殺され、お金が戻ってくることはありません。

事前に給与口座を変更できなかった場合、口座が凍結された後に給与が振り込まれたなら、そのお金は戻ってくる可能性があります。

一般的に、凍結中に口座に振り込まれたお金は相殺されないからです。

ただし、凍結中は出金ができませんから、凍結が解除されるまで待つ必要があります。

こういったことを防ぐためにも、任意整理をする前に忘れずに対策をしておきましょう。

まとめ

  • 任意整理をしても、所有している口座の銀行が整理の対象でなければ何も影響はない。
  • 銀行からお金を借りており、その借金を任意整理の対象に含めると、銀行口座が凍結される。
  • 銀行口座が凍結されると、口座にお金が残っている場合は、カードローンと相殺されて強制的に引き落とされる。
  • 凍結が解除されるまで銀行口座は使えなくなるが、通常1~2か月ほどで、凍結は解除される。
  • 凍結の事前対策として、任意整理の対象とする銀行口座は、全ての残高を引き出して、別の口座に移しておく。
  • 給与振込先の口座になっている場合は、職場に頼んで変更しておくのがよい。

東大阪市の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

運営:東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

■受付時間:9:00~19:00
■定休日:祝日

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

東大阪布施法律事務所が入っているビル
電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分