【相談無料】東大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

銀行のカードローンにも任意整理はできるのか?

説明する弁護士-銀行のカードローンにも任意整理はできるのか?

「銀行カードローンは任意整理できるの?」
「任意整理すると、銀行の口座はどうなるの?」

任意整理をするときに、銀行系カードローンの借金が多い場合は、どうなるのでしょうか?

銀行カードローンはカード会社と比べて貸付額も多く、銀行のお堅いイメージから利用する方が増えているようです。

結論から言うと、銀行カードローンも他の借金と同じように任意整理することは可能です。

ですが、過払い金が発生せず大幅な借金の減額にはならないことや、任意整理した銀行の口座が凍結されることなど、カード会社を任意整理するときとは、状況が少し変わってきます。

この記事では、銀行カードローンを任意整理する際に注意すべき点についてまとめていきたいと思います。

銀行カードローンでも任意整理は可能

銀行とカード会社の違い

そもそも、銀行カードローンとカード会社の借金はどのような違いがあるのでしょうか?

一般的に次のような違いがあると考えられます。

  • 総量規制(借金総額が収入の1/3までとする制限)がない。
  • カード会社と比べて低金利。
  • 保証人が不要。
  • 審査が厳しい。

カード会社からの借金は、「貸金業法」という法律によって、個人の借金総額が年収の1/3までに制限されています。

これを「総量規制」と言います。

年収の1/3までであるので、年収の少ない主婦やアルバイトの方などは、カード会社で多額の借金をすることは難しいと言えます。

一方で、銀行カードローンは、「銀行法」に基づいているので、総量規制の対象にはなっていません。

そのため、カード会社に比べて限度額は高く、数百万円から1000万円借りることが可能な場合もあります。

さらに、カード会社と比べて低金利である場合が多く(2%~)、保証会社による保証がつくため、保証人が不要というメリットもあります。

しかし、保証会社からも審査されることになるため、一般的に銀行カードローンは審査に通りづらいという傾向があります。

銀行カードローンでは、年収を超えて借り入れができるため、借り過ぎには注意しなければなりません。

利息や借金額に関わらず任意整理は可能

銀行カードローンを中心に借金をしていて、返済が苦しくなった場合、銀行カードローンを任意整理することは可能です。

任意整理をすると、将来的な利息をカットし、借金の元金部分3~5年の分割払いにすることで、月々の返済額を減額することができます。

原則として、借金の元金を減らすことはできません。

銀行カードローンで高額な借金をしていた場合、将来かかる利息だけでも免除してもらうことができると、返済はずいぶんと楽になるはずです。

任意整理する際に注意すべきこと

では、銀行カードローンを任意整理するときに注意すべき点はどういったことなのでしょうか?

過払い金が発生しない

任意整理では、利息制限法の上限を超えた高金利で借金をしていた場合、過払い金が発生することがあります。

いわゆるグレーゾーン金利です。

しかし、これは消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを2008年以前に利用していた方だけが対象になります。

銀行カードローンでは、金利が利息制限法の範囲内で設定されているため、過払い金が発生することはありません。

したがって、銀行カードローンの任意整理では、過払い金で借金の元金を減額したり、お金が戻ってきたりするということはないのです。

銀行口座が凍結される

銀行カードローンならではの特徴として、銀行口座が凍結されるというデメリットがあります。

銀行カードローンを任意整理した場合、その銀行で所有するあなたの口座は凍結されることになります。

もし口座にお金が残っていた場合は、借金と相殺され、強制的に引き出されてしまいます。

銀行カードローンを任意整理するなら、事前に銀行口座の残高をゼロにするようにしましょう。引出したお金は他の銀行口座に移しておけば、問題ありません。

また、給与の振込先口座に指定している場合、出金ができなくなってしまうので、職場に頼んで事前に変更しておくようにしましょう。

公共料金の引き落とし口座になっている場合も、コンビニ払いなどに変更しておくのがよいでしょう。

保証会社を巻き込むことになる

あなたが銀行カードローンだけでなく、消費者金融からも借金をしていた場合は、注意が必要です。

ほとんどの銀行は、保証人を立てない代わりに、保証会社による保証をつけていますが、その保証会社は実は消費者金融なのです。

例えば、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はプロミスが保証会社となっています。

任意整理のメリットの1つとして、整理する対象を選ぶことができるということがありました。

しかし、もし任意整理する銀行Aの保証会社となっている消費者金融Bからも借金をしていた場合、AだけでなくBの借金も任意整理しなければならないとなってしまいます。

その逆も同じことが言えます。Bの借金を任意整理した場合はAも整理しなければなりません。

いわば、一方の任意整理に巻き込まれてしまう形になります。

アコムを任意整理すると、あなたの持っている三菱UFJ銀行の口座は凍結されてしまいます。この点は十分注意が必要です。

まとめ

  • 銀行カードローンも他の借金と同じように任意整理することは可能。
  • 銀行カードローンでは、金利が利息制限法の範囲内で設定されているため、過払い金請求はできない。
  • 銀行カードローンを任意整理すると口座が凍結されるため、事前に口座の残高をゼロにしておく必要がある。
  • 銀行の保証会社は消費者金融であるため、両方に借金がある場合、任意整理の巻き込みに注意が必要。

東大阪市の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

運営:東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

■受付時間:9:00~19:00
■定休日:祝日

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

東大阪布施法律事務所が入っているビル
電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分