【相談無料】東大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

滞納している携帯電話(スマホ)の料金も任意整理できるのか?

説明する弁護士-滞納している携帯電話(スマホ)の料金も任意整理できるのか?

「滞納している携帯電話の料金は、任意整理できるの?」
「任意整理すると、携帯電話を解約させられるって本当?」

携帯電話やスマホの料金を未払いのまま滞納していると、どうなってしまうのでしょか?

たかが携帯料金でしょ?とあなどっていると…

携帯会社によっては、約1か月で利用停止に、2~3か月で強制解約となることがあります。

強制解約になると、携帯ブラックとなり、他社でも回線契約ができなくなってしまいます。

もちろん、強制解約になった場合でも、滞納分の携帯料金を任意整理することは可能です。

しかし、結論から言うと、弁護士費用のことも考えると、任意整理をするメリットはあまりないと言えます。

それよりも、自分で分割の交渉をするか、携帯料金を任意整理の対象から外して残りの借金を整理した方が、メリットがあると考えられます。

ここでは、滞納している携帯料金を任意整理した方がよいのか、それともしない方がよいのか、比較しながら詳しく解説していきます。

携帯料金を滞納すると携帯が持てなくなる!

携帯料金の滞納が続くと…

毎月の携帯電話料金の支払い期限までに料金の支払いができないと、「○日までにお支払ください。そうしないと利用停止になりますよ」というハガキが届きます。

その支払期限の大体1か月後くらいまでに料金の支払いをすれば全く問題ありませんが、それを過ぎると携帯電話は利用停止になります。

利用停止になると、電話やメール、インターネットなどが使えなくなってしまいます。(Wi-Fi経由なら利用可能な機能もあります。)

さらに、携帯会社によっては、料金滞納から2~3か月しても未払いが解消されない場合は、強制解約となります。

強制解除の前には「契約解除のお知らせ」というのがあなた宛てに届きます。

そして解約された携帯会社へ滞納分の料金を納めない限り、どの携帯会社とも新たに回線契約ができなくなってしまいます。

いわゆる「携帯ブラック」に登録されることになるのです。

携帯ブラック

「携帯ブラック」とは、一般的なブラックリストとは全く別物で、携帯会社がTCA(電気通信事業者協会)という組織を通じて、顧客の未払い情報を共有するシステムのことです。

TCAには、docomo、au、soft bankの大手3社だけでなく、格安スマホの各社も加盟しています。

もしあなたが、携帯の電話料金や機種代を滞納していた場合、TCAを通じて、他の携帯会社に未払いの情報が共有されます。

滞納により強制解約になった場合は、最長5年間は携帯ブラックとして登録されることになります。

携帯ブラックになると、他の携帯会社にもあなたが携帯ブラックであるという情報が回っているため、他社での新規契約や番号引継ぎができなくなります。

つまり、あなたは携帯やスマホを持つことができなくなってしまうのです。

ただし、未払い分を支払ってしまえば、すぐに携帯ブラックから抜け出すことは可能です。

滞納している携帯料金を任意整理の対象にした場合

滞納分を任意整理することは可能

強制解約の前に未払いの料金を支払い、携帯ブラックから抜け出せれば良いのですが、携帯料金が高額だった場合、たった2~3か月分とはいえそうはいかないこともあります。

では、滞納している携帯電話の料金は、任意整理できるのでしょうか?

そもそも、強制解約をさせられたからといって、滞納している携帯料金への支払い義務が無くなるわけではありません。

強制解約後の未払い料金は、端末代も含めて、携帯会社に委託された回収専門業者から一括で請求されることになります。

端末代の残金を一括で支払うことができない場合は、その間ずっと遅延金が発生します。

また、滞納している携帯料金には、年利14.5%の延滞利息がつきます。

弁護士等に依頼すれば、任意整理によってこれらの利息や遅延金を免除してもらう方向で交渉をすることは可能です。

また、長期の分割払いで和解できる可能性もあるでしょう。

しかし、相手の携帯会社が応じてくれるかどうかは、交渉次第であると言えます。

また、任意整理をしてブラックリストに登録された場合は、クレジットカードやローンが利用できなくなるため、機種変をする場合も、機種代の分割払いはできなくなってしまいます。

弁護士費用を考えるとメリットはあまりない

任意整理では、携帯会社と直接契約に関して減額交渉を行うので、弁護士などの専門家に依頼せず自力で進めることは困難であると言えます。

数万円から10万円程度の携帯料金の滞納であれば、交渉で利息や遅延金のカットができたとしても、年間で1万円程の金額しかメリットがありません。

このような場合、弁護士への依頼費用の方が高くつくことがあります。

任意整理の対象にしない場合

では、携帯料金を任意整理の対象から外す場合は、滞納分をどのように返済していけばよいのでしょうか?

まずは、携帯料金の滞納分以外の借金を任意整理しましょう。

その借金の利息カットや長期分割で、携帯料金の支払いがしやすくなるはずです。

もし携帯料金以外に借金がないという場合は、自分で携帯会社へ分割払いの交渉をしてみてもよいでしょう。

弁護士を通さずとも、お願いすれば3回くらいの分割には応じてくれることがあります。

携帯電話が使えなくなって困るのはあなたです。

携帯料金を任意整理の対象とせず、滞納分の支払いを優先的に済ませ、一刻も早く携帯ブラックから抜け出すことが大切でしょう。

まとめ

  • 携帯料金を滞納していると、1か月で利用停止に、2~3か月すると強制解約となる場合がある。
  • 強制解約になると携帯ブラックへ登録され、他社での回線契約ができなくなる。
  • 強制解約されても、携帯会社への滞納分の支払い義務は無くならない。
  • 任意整理により滞納分の利息カットや長期分割をすることは可能。
  • 任意整理によるメリットと比べ、弁護士への依頼費用の方が高くつく場合がある。
  • 携帯料金を任意整理の対象とせず、他の借金を整理したり、自分で分割払いの交渉をしたりして、携帯料金を素早く完済し、携帯ブラックから抜け出す方が得策。

東大阪市の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

運営:東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

■受付時間:9:00~19:00
■定休日:祝日

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

東大阪布施法律事務所が入っているビル
電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分