【相談無料】大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

任意整理の後クレジットカードが再び使えるまでの期間

説明する弁護士-任意整理の後クレジットカードが再び使えるまでの期間

 「ブラックリストに載っている期間ってどのくらい?」
「ブラックリストから消えるまで、絶対にクレジットカードは作れないの?」 
 

借金の解決方法のひとつ〈任意整理〉を行うと、その事実が俗にいう〈ブラックリスト〉に載ります。 

しかし、ブラックリストに載っている期間は、解決方法によっても、借金をしたのが銀行系の会社か消費者金融かなどによっても違ってきます。 

ここでは任意整理をした場合のクレジットカードの扱いについて、わかりやすく紹介します。

ブラックリストについて

借金をしたりクレジットカードを作ったりすると、その消費者金融やクレジットカード会社からあなたの情報が、〈信用情報機関〉に記録されます。

信用情報機関は登録している会社や銀行などが行っている個人の貸し借りや返済の情報を集めているところで、消費者金融が主に登録している日本信用情報機構(JICC)、クレジットカード会社が主に登録しているシー・アイ・シー(CIC)、銀行と銀行系クレジットカード会社が主に登録している全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。

何ヶ月も滞納が続いたり、任意整理をしたりすると、そうした情報が通常の借金や返済とは違う情報〈事故情報〉として信用情報機関に記録されます。

これが俗にいう〈ブラックリストに載った〉状態で、実際にブラックリストというものがあるわけではありません。

事故情報の記録は5~10年間登録され、その間は新しく借金ができません。

クレジットカードは作れませんし、住宅ローンなども組めなくなります。

任意整理の場合はどの信用情報機関でも5年間登録されます。

任意整理では交渉する借り手の会社を選べるので、特定のクレジットカードだけ任意整理をしなければ、そのクレジットカードだけ使い続けられるといううわさ話があります。

確かに任意整理の対象外にしてしまえば、そのクレジットカード会社には任意整理を行ったという連絡は行きません。

任意整理をしたという情報をそのクレジットカード会社が知るまでは、クレジットカードの使用を止められることはありません。

ただし、信用情報をそのクレジットカード会社がチェックしていれば、そのタイミングで任意整理の情報を知ることになります。

また、クレジットカードには更新時期というものがあります。

その時期にはクレジットカード会社は信用情報機関に確認するので、この機会には必ず任意整理の情報を知ります。

任意整理を知られた段階で、クレジットカードの使用を止められることになります。

任意整理から5年以内にクレジットカードを作れる可能性がある

任意整理を行った情報はどの信用情報機関にも5年間記録されるので、通常5年間は新しいクレジットカードを作れません。

しかし、例外的に、任意整理から5年以内でもクレジットカード会社の審査に通るパターンがあります。

まず、大前提として、任意整理を行った後に借金を返し終えていること。

そのうえで、クレジットカードを作ろうとする方が、収入が安定している職業に就いていることが条件になります。

以上がそろっていれば、クレジットカード会社によっては大丈夫だと判断して、クレジットカードの審査を通してくれる会社もあるのです。

また、実は信用情報機関に事故情報として載っていなかった、〈ブラックリスト〉に入っていなかったというパターンもあります。

これは任意整理を行った結果、実際には払う必要のなかった法律で決められた以上の金利の利息〈過払い金〉が発生した場合にあり得ます。

過払い金を計算した結果、残りの借金との差し引きが0になった、逆に返ってくる金額があったというときには、本来は任意整理をする必要がなかったということになります。

これは消費者金融やクレジットカード会社の落ち度であって、借金をした本人には何も問題がないということになり、事故情報として扱われないのです。

つまりブラックリストに載らないため、任意整理から5年以内でも新しくクレジットカードが作れるのです。

任意整理の対象にしたクレジットカードは?

任意整理から5年が経過したとしても、任意整理を行ったクレジットカード会社のカードを作ることは非常に難しくなります。

同じクレジットカードだけでなく、クレジットカード会社のグループ系列内では、信用情報機関の情報とは別に〈社内ブラック情報〉という自社データベースを持っています。

たとえば三井住友銀行はSMBCグループという系列組織を作っているため、SMBCカードローンを任意整理した場合は、5年経ってもSMBCカードローンを利用することはできませんし、同じグループ内の消費者金融であるSMBCモビットでもキャッシングカードを作れないことになります。

期間が過ぎたら消える信用情報機関のブラックリストと違い、社内ブラック情報は永久に消えません。

任意整理後にカードローンを利用する可能性が高い人は、少なくとも1社ほどは任意整理の対象から外し、利息付きでまじめに返済しましょう。

まじめに返していくことで、あなたの確実な信用実績になり、信用情報機関のブラックリストから外れたときには、キャッシング枠が復活している可能性が極めて高くなります。

また、ようやくクレジットカードを作れるようになったからといって、短期間のうちにたくさんのクレジットカード会社に申し込むのは避けましょう。

1社だけでは審査に落ちるかもしれないから、いくつかのクレジットカード会社に同時に申し込んでおこうと考える方がいらっしゃるでしょうが、それは危険です。

短期間にいくつかのクレジットカード会社に申し込むと、何枚ものカードでキャッシングをして借金で首が回らなくなっているのではないかと疑われてしまうからです。

不安な場合は、信用情報機関に、ブラックリストから外れているかどうか確認しましょう。

自分の信用情報は、信用情報機関に問い合わせれば知らせてくれます。

JICCでは窓口で請求するか、郵送で請求するか、ホームページを使うかで知ることができます。

ホームページはスマートフォンでも利用可能です。

手数料は窓口が500円、郵送とホームページが1000円です。

CICでも窓口か、郵送かホームページ(スマートフォンでも利用可)で知ることができます。

手数料は窓口が500円、郵送とホームページが1000円です。

KSCは手数料1000円で、郵送のみ受け付けています。

基本的に請求できるのは本人のみで、代理人が請求するときは代理人に任せることを書いた〈委任状〉が必要です。

まとめ

任意整理の手続をしてから5年間は、信用情報機関のいわゆるブラックリストに載ることになり、新しくクレジットカードを作ることは基本的にできません。

任意整理の対象にしたクレジットカードは、任意整理中やブラックリストに載っている期間中はもちろん、5年経ってブラックリストから外れた後も、再び持つことは非常に難しくなります。

信用情報機関のリストとは別の社内ブラック情報に記録されてしまうためで、同じグループ系列の消費者金融などもやはり利用できません。

任意整理は借金の他の解決法と違って、整理の対象にする会社が選べます。

将来のことを考えて、借金をしているすべての会社を対象とするのでなく、借りている額が少ないなど返済に影響の少ないカードローン会社を1社くらいは残し、まじめに返していくのがよいでしょう。

大阪の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:9:00~19:00
定休日:祝日

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分