【相談無料】東大阪で債務整理の経験豊富な弁護士なら東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

受付時間
9:00~19:00
定休日
祝日

●取扱い業務:債務整理
(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

無料相談は24時間お気軽に!

お電話でのご相談はこちら
0120-639-036

滞納が続き一括請求されたカードは任意整理なら解決できる?

説明する弁護士-滞納している携帯電話(スマホ)の料金も任意整理できるのか?

借金の支払いができずにそのまま放置していたら、貸金業者から通知が来ることがあります。

その通知は「一括請求通知」と呼ばれるものです。この一括請求とはなんのことでしょうか?

そしてその返済をさらに放置しておくと、いったいどうなるのでしょうか?

返済をせずにそのまま放置していると、大きな問題になってしまうことがあります。

まずは、一括請求が来ることの意味と、その対処法を知り、大きなトラブルに発展しないようにしましょう。

貸金業者から一括請求が来た!

「手持ちのお金の都合が付かなくて支払いができず、2か月放置しておいたら、急に業者から自宅に封書が届いた」ということがあります。

この時届く封書の中身は、よく見る督促状のこともありますが、一括請求通知であることもあります。

もし一括請求通知だとしたら、そのまま放置しておくと重い事態になる可能性があります。

トラブルにならないように、その一括請求とはどんなものかを理解しておくことが必要です。

一括請求とは、借金の残りをまとめて全部一度に支払って下さいという通知です。

通常は毎月定額での支払いを続けるものですので、その契約を終わりにして一括で返済してくれというのはかなり厳しいものがあります。しかし、これには理由があります。

滞納を続けると一括請求が来る

カードローンなどのローン商品を申し込む際、契約の中で利用者が定められている内容を守らない場合の項目が定められています。

分割払いの方式を解除して、一括支払いに切り替えられるというものです。

これは利用者が本来毎月支払うべき返済をせずにいた場合、滞納を続けた場合に起こります。

その滞納期間は契約内容や、貸金業者の対応によって異なりますが、2か月くらいとしているところが多いです。

中には、まずは督促状での対応を何か月か行い、その後一括請求としているところもありますが、早いところではひと月目の督促状が無視された場合、すぐに一括請求通知を送るケースもあります。

一括請求が来る理由とは?

一括請求がなされるのは、利用者側が契約を守らなかったという理由によるものです。

毎月支払いを続けるべきなのに、それを何か月もせずに放置しておいたので、利用者としての信頼を失い契約が解除されてしまうのです。

毎月支払えないというのであれば、すぐにまとめて全部返してくださいということです。

貸金業者も支払いがなされないというリスクは避けたいので、傷口が広がる前に早く対処してしまおうという思惑を持っています。

一括請求は契約で定められているものですので、利用者側にとって不利になるとはいえ正当なやり方です。

そのため、利用者はそれ自体を拒否することは基本的にできません。

そのため、まずは一括請求が来ないように返済を毎月続けることが大事です。

お金の目途がたたないなどで支払いが難しくなった場合にも、少なくとも貸金業者に連絡しその事情を説明するようにしましょう。

一部だけでも支払うなどの措置をすれば、誠意が見られるということで、とりあえずは一括請求を避けることができます。

してはならないのは、督促状も来ているのに連絡もせず返済を放置しておくことです。

滞納をすることで生じるデメリットは大きい

支払いを毎月続けることは契約上の義務ですので、滞納するといわばペナルティーが発生します。

その一つが遅延損害金というものです。

返済が遅れた分だけ割り増しで支払いが追加されてしまうのです。

遅延損害金は通常の利息よりもかなり高い割合に設定されていて、さらに借金が増えてしまうことになります。

また、滞納が続くと信用状況が傷ついてしまう可能性もあります。

滞納放置が数か月続くと、返済遅れということになり、信用情報機関に登録がなされます。

この登録がなされると、今後新たにクレジットカードを含むローン商品を申し込む時に不利になり、審査に通らなくなってしまう可能性もあります。

裁判所から一括請求が来た!

貸金業者から一括請求通知が来るのもデメリットが大きいことですが、さらにそれを無視していると、裁判所から一括請求の督促状が届くことがあります。

一見するとどちらも同じ「一括請求」の通知ですが、二つの間には大きな違いがあります。

貸金業者からの通知よりも深刻な状況

貸金業者からの一括請求の通知は通常、数か月にわたって何回か送られてきます。

そのため、無視していても何も起きないじゃないか、と高をくくってしまうことがあります。

しかし、これらを無視していると、今度は裁判所から一括請求の通知が来ます。

貸金業者からのものと裁判所からの一括請求は深刻度が明らかに異なります。

裁判所からの一括請求通知は、裁判を起こされてしまう可能性が高いことを意味しています。

貸金業者が、支払いをしてくれないので法的措置を起こしますよ、という通知でもあるということです。

これを無視すると、今度は裁判所を通した手続きがなされ、強制的な措置を取られてしまうことになるのです。

差し押さえの一歩手前

その強制的な措置の一つが差し押さえです。

貸金業者が裁判所に訴えてそれが通ると、利用者の財産を強制的に差し押さえて支払いに充てることになります。

差し押さえの対象はまず給料からということが多く、勤務先の給料を受け取ることができなくなり、支払いに使われてしまうのです。

それでも支払いが追い付かない場合は、自宅や自動車などの財産の差し押さえがなされることになります。

こうした差し押さえは当然裁判所経由でなされるものですので、拒否しようとしてもできるものではありません。

一括請求が来た場合の対処法

一括請求の通知が来た場合、できるだけ早く行動する必要があります。

最初の段階である貸金業者からの通知であれば、すぐに連絡して返済できる日付を伝えて、その通りに支払いを行います。

たとえ全額支払いができないとしても、ある程度の金額を支払うことを申し出ます。

もし、こうしたこともできない状況にあったり、今まで無視してきたので、裁判所から通知が来てしまったりしている場合、事態はかなり深刻です。

債務整理という方法を採る

支払いの約束ができない状況や、裁判所が関係しているようであれば、債務整理という方法を採るしかないこともあります。

債務整理とは、利息の返済を免除してもらったり、借金そのものを減らしてもらったりする方法です。

状況がかなり厳しい時は、自己破産という手段も採ることがあり、これも一つの債務整理です。

このように、債務整理にはいくつかの方法があり、それぞれの状況やその後のことを考えて適切な手段を採ることによって、借金支払いの負担を軽減することができます。

債務整理をすることのメリット

債務整理をすることによって、まず一括請求を止めることができます。

そのまま裁判となって、差し押さえなどの強制的な措置に入ってしまうことを避けられます。

一番してはいけないのは、そのまま貸金業者や裁判所からの通知を無視することですので、債務整理という手段を採ることで、それ以上悪い事態になるのを防げるのです。

そして、債務整理をすると、借金そのものの負担を減らすことができます。

たとえば任意整理という方法を採ると、利息を免除してもらうことができます。

支払い額の交渉をすることによって、より負担の少ない方法にできる可能性もあります。

さらに、個人再生という方法にすると、利息だけでなく元本そのものも減額できる可能性が出てきます。

支払いの負担が大きく減りますし、心理的なストレスを軽減できるのも大きなポイントです。

早めに弁護士事務所に相談を!

一括請求が来て裁判となっては大変です。

そのための対処として貸金業者との交渉や、債務整理という方法があります。

これらはとても有効な手段ですが、個人ではなかなかうまくできないことがあります。

そんな場合は、弁護士といったその道のエキスパートに依頼するのがベストです。

具体的にどんな方法を採るのが、自分にとって一番優れた選択肢なのか、具体的にどんな手続きをしたら良いかを確認できます。

また、素人が自分で手続きや交渉をするよりも、慣れたプロが行う方がスムーズですし、うまく行くものです。

相談無料としている事務所も多くありますので、まずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

まとめ

  • 借金を滞納していると貸金業者から一括請求が来る
  • 一括請求がなされると高額の遅延損害金が請求される
  • 返済遅れがあったことが信用情報に登録される
  • 裁判所から一括請求の通知が来たら差し押さえの一歩手前
  • 債務整理をすることによって解決できる

東大阪市の債務整理なら東大阪布施法律事務所

電話を受ける男性

お電話でのご相談はこちら

0120-639-036

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)についてのご相談や、任意整理診断は、お電話またはメールで無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

運営:東大阪布施法律事務所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分

■受付時間:9:00~19:00
■定休日:祝日

無料相談はこちら

電話を受ける女性

ご相談はお気軽に!

0120-639-036

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

東大阪布施法律事務所

東大阪布施法律事務所が入っているビル
電話問い合わせ
0120-639-036
メール問い合わせ
住所

〒577-0841
大阪府東大阪市足代2-2-1 大西ビル3F
近鉄大阪線・奈良線 「布施」駅より 徒歩1分